軽量ピッケル 重さランキング 2022CHECK !

2022.04.09 弓折岳バックカントリースキー | 秩父沢・大ノマ乗越

弓折岳 大ノマ乗越
  • URLをコピーしました!

弓折岳〜大ノマ岳の鞍部「大ノマ乗越」からドロップイン。

今回は、新穂高から弓折岳〜大ノマ岳の鞍部にあたる大ノマ乗越から大斜面を滑走します。

目次

弓折岳バックカントリスキー 秩父沢・大ノマ乗越

合計距離: 18523 m
最高点の標高: 2463 m
最低点の標高: 1080 m
累積標高(上り): 1658 m
累積標高(下り): -1670 m
総所要時間: 09:04:59

BCルートラボ

地形図へのハイクアップ・滑走ルートのメモ書きも公開中です!

新穂高温泉から入山

新穂高温泉からスタートです。

夏には大勢の人で溢れていますが、4月はとても静かです。

弓折岳BC 新穂高
弓折岳BC 新穂高からブーツでハイクアップ開始

美しい北アルプスの山々がお出迎え。

快晴が約束された1日となりました。

弓折岳BC 北アルプスの山々

無料駐車場はかなり空いていました。夏とは大違い。

左俣林道を進む

左俣林道をブーツで歩いて行きます。

ゲート付近でも雪はありません。

弓折岳BC 左俣林道を進む
弓折岳BC 左俣林道ゲート

林道を進み、穴毛谷の出合付近でようやく雪が出てきました。

弓折岳BC 左俣林道 穴毛谷

ここでスキーに履き替えます。

弓折岳BC 左俣林道 穴毛谷出合 スキーに履き替える

アスファルトを歩くためのシューズを持参すべきか?

これ以上雪解けが進むと、持参し林道にデポするほうが楽かもしれません。

穴毛谷までならスキーブーツでもそこまで苦ではなかったです。

左俣林道はデブリに注意

林道はデブリだらけです。

朝はデブリが硬いので、スキーだと非常に歩きづらいです。

弓折岳BC 左俣林道 序盤
弓折岳BC 左俣林道 デブリを越えていく

細い部分もなんとか雪は繋がっていました。

どこまで持つでしょうか。限界は近いと思われます。

弓折岳BC 左俣林道
弓折岳BC 左俣林道 雪はなんとか繋がっている

川はデブリで埋まっていました。

なんとも恐ろしい光景ですね…

弓折岳BC 左俣林道 デブリで川が埋まっている

左俣林道 右岸へ

右岸へ渡るための橋はデブリで覆われていました。

慎重に素早く渡って行きます。

それにしても、これで崩壊しないとはタフな橋ですね笑

弓折岳BC 左俣林道 右岸に渡る橋

右岸は広い林道のため、とても歩きやすい。

大きなデブリもありますが、避けつつ進んで行きます。

弓折岳BC 左俣林道 右岸を進む
弓折岳BC 左俣林道 大きなデブリ跡

笠新道分岐

「なぜ、この道が北アルプス三大急登に入らないのか」でお馴染みの笠新道登山口の前に到着しました。

看板もまだ雪で埋まっていました。

弓折岳BC 左俣林道 木のゲート
弓折岳BC 笠新道分岐

巨大なデブリが目の前に。

河原側に出て、デブリの端を歩いて通過します。

弓折岳BC 左俣林道 河原を歩いてデブリを避ける

ワサビ平小屋

ようやくワサビ平小屋に到着しました。

弓折岳BC わさび平小屋
弓折岳BC ワサビ平 ブナの森

ブナの森を越えて、先を急ぎます。

弓折岳BC 左俣林道 秩父沢を目指す

小池新道登山口に到着

小池新道登山口に到着、ここが登山口なんですよね笑

夏道はこのまま右岸を行くのですが、今回は橋を渡り左岸に行きます。

急斜面の雪はだいぶ落ちていました。

弓折岳BC 小池新道登山口
弓折岳BC 小池新道登山口の右岸はデブリ帯

積雪量が豊富のため、渡渉に問題はありませんでした。

秩父沢を横断

秩父沢を横断するように標高を上げていきます。

スケールが大きい斜面に期待が高まります。

弓折岳BC 小池新道を進む
弓折岳BC 小池新道 秩父沢

ハイクアップ中に美しい槍ヶ岳が見えました。

弓折岳BC 小池新道から槍ヶ岳が見えた

大ノマ乗越を目指して、登ります。

夏道の場合は鏡平を経由して弓折岳を目指しますが、今回は大ノマ乗越に下から乗り上げます。

弓折岳BC 小池新道 大ノマ乗越を目指す
弓折岳BC 小池新道 大ノマ乗越を目指す

大ノマ乗越直下は急斜面なので、慎重に登ります。

シールのまま乗越しましたが、場合によってはツボ足もしくはアイゼンが良いでしょう。

弓折岳BC 小池新道 大ノマ乗越直下
弓折岳BC 大ノマ乗越に乗り上げるv

気温が高く、雪も硬くなかったため、アイゼンは使用しませんでした。

弓折岳(今回は登らず)

大ノマ乗越は弓折岳と大ノマ岳の鞍部にあたります。

今回は疲れたので弓折岳には登らず、のんびり滑走準備に入りました。

弓折岳BC 弓折岳方面

少し大ノマ岳方面に登った地点からの写真。

大ノマ乗越、かっこよい。

弓折岳BC 大ノマ乗越 ドロップ地点

下から登山者が数名登っていたので、少し待機して登り終わるのを待つます。

その間はお昼寝してました。

春はポカポカ陽気でよく眠れます笑

大ノマ乗越からドロップする

大ノマ乗越からドロップして、オープンバーンを滑走します!

滑り出しの斜面はなかなかの斜度があります。

弓折岳BC 大ノマ乗越からドロップイン

フィルムクラストで快適に滑ることができました。

弓折岳BC 大ノマ乗越からの滑走ライン

後ろを振り返って、シュプールを確認。頑張って登ってよかった!

秩父沢を滑走

後半は秩父沢をトラバース気味に滑っていきます。

しかし、ここからストップスノー!

板がなかなか進まないし、ターンするのも一苦労…

弓折岳BC 秩父沢

景色が良いのがせめてもの救いです。

小池新道登山口

あっという間に小池新道登山口に戻ってきました。

後半はストップスノーに苦しみながらの滑走でした。

やはり天気が良すぎ、気温が高すぎですね笑

弓折岳BC 小池新道登山口に戻ってきた

再凍結を待つという選択肢もあったのだろうか。難しい選択です。

新穂高温泉に下山

下山は大変でした。

ただ、スキーを外したのは数カ所で大部分は滑って帰ることができました。

左俣林道は夏も地獄ですが、雪があっても地獄です笑

弓折岳BC 林道を歩いて帰る
弓折岳BC 新穂高に帰還

YAMAP 活動日記・ルート詳細

YAMAPでも活動日記やルート詳細を公開しています。

弓折岳バックカントリースキー 秩父沢・大ノマ乗越-2022-04-09 / drop inさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

まとめ

フィルムクラストにストップスノー、そしてデブリ。

これぞ、春のバックカントリースキーという山旅でした!

左俣林道の雪は日に日に溶けていくと思うので、雪があるうちに行くのがベストかなと思います!

明日も山に行こう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる