軽量ピッケル 重さランキング 2022CHECK !

立山 – 国見岳・天狗山– BC Routes Lab –

立山エリアの国見岳・天狗山バックカントリースキーの登高ルートや滑走ルートについてまとめました。

国見岳・天狗山 バックカントリースキー ルート

立山 国見岳 天狗山

登高ルート

室堂山方面

室堂山方面を経由して、国見岳に登る。

室堂山へは夏山登山道を行くイメージで上がる。

室堂山を目指してハイクアップ

室堂山を滑る人も多いので、良い滑走ラインにはトレースをつけないように!

室堂山 〜 国見岳

室堂山 山頂は奥にあるため、ピークハント目的以外の場合はスルーする。

標高2,550mを過ぎて、なだらかになってきたら国見岳方面に進む。

国見岳

国見岳への尾根は細く左側は崖になっているので、注意する。

雪が緩い場合はシール登高できるが、雪が硬い場合はアイゼンに履き替えて登る。

国見岳

なお、左側には立山カルデラがあり、なかなかの絶景です。

シール登高に不安がある場合は、アイゼンで登る。

天狗山

天狗平にある天狗山荘方面から比較的斜度が緩い斜面を選んで登る。

ハイクアップの距離は短い。

滑走ルート

国見岳 北西面 – 天狗平側

天狗平に向かって滑走するルートで、程よい斜度で気持ちの良い滑走ができる。

雪の大谷があるため、視界不良時は注意。

国見岳 北東面 – 雪の大谷方面

国見岳 北東面も良い滑走ルートで、雪の大谷に向かって滑っていく。

滑走距離は短いですが、急斜面のオープンバーン。

室堂からもよく見えるのでギャラリーが多いところも特徴のひとつでしょう。

雪の大谷の上を滑ることになるので、雪崩とスキー板流しには注意が必要。

天狗山 北面

急斜面の1枚オープンバーンの滑走ルート。

K2 天狗クラシックでは、この急斜面にショートターンが刻まれるようです。

天狗山からの滑走ライン

天狗山荘の部屋から滑走ラインが見えるのも嬉しいポイント。

天狗山荘に泊まる場合は、サンセットライドにおすすめしたい。

記事一覧

2022.05.03-04 立山バックカントリースキー vol.1 | 国見岳・天狗山

周辺エリア

バックカントリースキー 関連記事

コメント

コメントする

TOP