軽量ピッケル 重さランキング 2022CHECK !

サーモス | 山専用ボトル – 雪山に持っていきたいボトルNo.1

山専用ボトル
  • URLをコピーしました!

雪山に持っていくなら、山専用ボトルしかない。

今回は、雪山の必需品山専ボトルをご紹介!

目次

THERMOS | 山専用ボトル

ご存知の方も多いだろう、サーモスの山専用ボトル。

カップラーメンも作れる保温性能

家を出発する前にお湯を沸かして入れておけば、山頂でカップラーメンを作ることができます。

バーナーいらずで、ガス缶を持つことも不要になるので軽量化にも繋がります。

白湯で飲む際は、逆に少し冷まさないと飲めないです笑

お湯を多めに沸かして、最初にボトルを温めておくと、より保温性能がアップする気がします。

ぜひお試しください!

豊富なサイズ

500ml900mlに、750mlのサイズが追加されました。

雪山の日帰りだと750mlが使いやすそうだなと思って、購入を検討中です。

ボトルポーチ

ほぼ必須と言っても良いです!

持ち運びやすいし、キズつきを防止してくれる厚い良い生地で作られてます。

温度を計測したわけでもないですが、カバーの有無で保温性能に差が出る気がします。
特に雪山では差を感じます。

モンベルとどっちが良いの?

性能比較系の記事やブログがたくさんありますし、迷う方も多いでしょう。

私も500mlは山専用ボトル、900mlはモンベルのアルパイン サーモボトルを持っています笑

本当に性能に大きな差はないので、好きなものを選べば良いと思います!

テキトーかよと思われそうですが、本当に差なんてないんですよ。

個人的な感想だと、見た目で山専用ボトルかなといったところです。
アースカラーのボトル、かわいいです笑

自分のまわりで見ると、圧倒的にサーモスが多い印象です。

モンベル | アルパイン サーモボトル

モンベルの製品ですし、安心して使用できます。

サイズ展開が350mlからであるため、サイズの種類は山専用ボトルに勝ってますね!

350mlが欲しい方はモンベル一択です!

まとめ

水筒としては高価な部類ですが、マストバイな商品です。

雪山の必需品と書いてますが、日帰りの夏山登山でも重宝します。

あと、ステッカーチューンは必須ですよ!笑

明日も山に行こう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる