富山の名峰 残雪の薬師岳 折立からのハードな日帰り山行

Mountain
薬師岳 ガスの極み

残雪の薬師岳を日帰りで!
歩行距離 20.8km!
累積標高 +1815/-1815!

折立〜五光岩ベンチ
五光岩ベンチ〜太郎平〜薬師岳

2019年6月、日帰りで薬師岳へ。

当初の予定では、
テント泊の1泊2日でしたが
生憎の天気予報…

なので、
前日に折立まで行き車中泊して
早朝発での日帰り登山に切り替えました!

前日に折立まで行く理由は、
有峰林道の開門が6時で
早くても7時ごろのスタートになってしまうからです。


18時すぎ、折立に到着。

まずはご飯を炊く

ご飯を炊いて、
お鍋を作ります。

お鍋は、ごま豆乳鍋。

美味そう!
天気のせいか駐車場はガラガラ

車中泊登山、
なかなか快適でハマりそう。

明日のため、早めに就寝。


4時半(のつもりが5時ごろ)起床。

急いで朝食を取り、準備。

有峰ハウス

さぁ、出発です。
時刻は5:30。

登山口
レッツゴー

太郎山を経て薬師に至る

相方さんは、
太郎坂のキツさを知らないので
テンション高め(笑)

【SCARPA】Rebelle OD

今日は新しい相棒の靴慣らしでもあります。

前日の雨の影響で
登山道はぬかるんでいます。

う〜ん、
天気はイマイチ。

まぁ、わかってはいたけど(笑)

ガンガン標高を上げていきます。

標高1,550m付近

登山開始から30分ほど経過。

根元からバキッと
アラレちゃん

なぜ、アラレちゃんなんですかね?
ご存知の方、コメントお願いします(笑)

ここまで1時間。

今回は、バックカントリー用ザックの
【PLUS ONE WORKS】Shumari35。

理由は、カリマーのリッジ30を
奪われたから(笑)

サングラスはgoodr!

雰囲気◎

標高1,840mあたりから
残雪がちらほら。

奥大日・大日

大日岳方面が綺麗に見えました。
剱岳山頂はガスってますね。

標高1,870m

このあたりから
岩は多くなります。

高度を稼げない
なだらか登りが続きます。

有峰湖

なだらかな登りに差し掛かると
右手に有峰湖が見えてきます。

ベンチ

ここまで約2時間。

ベンチ

このベンチを過ぎ
ここを登れば五光岩ベンチです。

ガンガン進みます。

雲行きは
どんどん悪くなっていきます…

五光岩ベンチ

標高2,196m付近の五光岩ベンチに到着。

yamapのコースタイムで3時間のところ
3時間で到着。

コースタイムを縮めれず。
写真撮りまくってるので仕方ないか(笑)

ここから太郎平小屋までは
平行移動です。

一気にコースタイムを縮めます!

本格的にガスってきました。

木道も多くなります。
太郎平小屋が近い証拠です!

真っ白やないかい

残雪の上をスタスタと。

もうあたりは真っ白です(笑)

太郎平に到着

五光岩ベンチから30分。

毎回思うのですが、
この区間のコースタイムおかしくないですか?笑

10分ほど休憩を取り、
薬師岳方面に出発です!

頂上は完全にガスの中…

木道を歩いて、
一旦薬師峠まで下ります。

気を取直してレッツゴー

一瞬で薬師峠。

ここはテント場でもあります。

雪も少し残ってましたが、
地面が出ているところもチラホラ。

ちなみにこの日は
テントは1張りだけでした〜

ここから稜線に上がるまでは
残雪になります。

夏にも来たことがありますが、
雪があると楽に登れます。

雪溶け水

開山祭のタイミングということもあって
多くの人が入山しているので
雪の階段が出来上がってました。

おかげでサクサク登れます。

まだまだ雪はたっぷりです。

薬師峠から薬師平までの急登は
残雪のおかげであっという間でした。

薬師平に到着。
天気が良いと槍ヶ岳が見えるんですが…

稜線まであと一息。

ここも残雪のおかげで楽に
高度を稼ぎます。

標高2,640m付近、
稜線に出ました。

雪は繋がっているとは思いますが
視界も悪いので登山道を歩きます。

薬師岳山荘

薬師岳山荘に到着!

あと少し(コースタイム50分)で頂上です。

山荘からの最初の登り。

避難小屋手前の急登。

ここを登れば、あとは怖くない。

避難小屋地点を通過

もう登りはない。
どんどん進む。

もうすぐ頂上のはずですが
何も見えない(笑)

やっと!

やはり、そうでした。
頂上です!

ガッスガスです

薬師岳、登頂!!

時刻は12時10分。
6時間ちょっとでした。

それにしても
逆に清々しいくらいのガスです(笑)

貸切の山頂なので
岩に携帯を置いて記念撮影。

さぁ、帰りましょう。
ガスが晴れる気配は微塵もありません。

ピストンのため、
来た道を帰るだけです。

下山は4時間弱でした。

黙々と下るだけなので
以下省略(笑)

残雪の下りは楽でしたが、
石畳みの下りはしんどいです。


番外編 出会った動物

雷鳥
カモシカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました