富山の里山トレイル “Sea To Summit”:大鷲山

Mountain

海から山頂へ!
雪不足の富山で里山ハイク!

雪山は登って滑り降りたいので
歩きたいわけではないのですが、

この雪不足。

富山の里山では滑るなんて無理。
だって、スキー場もオープンしてないもの。

というわけで、大鷲山に里山ハイクに行ってきました!

登山口が海岸線沿いの道路脇にあり、
海をバックに登ることができるのです。

海と山がある富山ならではのお山ですね〜


総括
  • Sea To Summit!
  • 意外と登る
  • 雪不足(雪は中間登山口より上だけ)
  • 冬が来ていない=秋山?

コース詳細・行動時間等はYAMAPで。

登山口は富山県と新潟県の境にある境川のすぐ横。
(まんまの名前ですね笑)

境川
登山口

なんだか味のある登山口です。

石に書かれた案内

石の向きを… と思いつつ、
わざわざ設置してくれる優しさに感謝しながら
案内通りに先に進みます。

里山登山道

意外に急登。

振り返ると、海。

海が想像以上に近い。

鉄塔

ここまで10分ほど。

森林浴

この山はトレラン向きかも。
とても走りやすそう。

標高250mあたりを過ぎた。

ひたすら尾根を登っていく。

海が近いからか、
風が良い感じに吹くので

暑くなり過ぎない。

冬だから当然?
いえ、雪がないくらいですから
風がなければ暑いくらいです。

標高470mの手前

ここまで約1時間。

展望台からの眺め

標高470m地点から10分ほどで
林道に出ました。

ここには展望台があります。
そして、なかなかの絶景…!

海がとても綺麗に見えました。

ここまで車で入って来れるみたいですね。
(雪がないからかも?)

数台車が停まっていました。
ここまで誰にも会いませんでしたが、
大鷲山に人が登っていそうです。

中間登り口

ここが標高500mなので
残り300mと言ったところ。

標高550mを過ぎたあたりから
雪が出てきました。

と言っても、たかが知れてます笑

ここは雪がない

細い尾根を詰めていく。

雪(少ない)

量は少ないが、雪の上を歩く。

硬いところもある。
階段上になっているので問題なく歩けはしたが、
軽アイゼンやチェーンスパイクがあると安心。

山頂までもう少し。

最後の登り。
と言っても、全然楽な登り。

大鷲山

例年であれば、石の標識は隠れていることでしょう。

日本

海まで見渡せる。
富山の低山ならではの光景。

それにして雪が少ない。

分かってはいたけど、雪が少ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました