富山の里山トレイル スリリングな細尾根:負釣山

Mountain

まず、山の名前に惹かれた。
(なんて読むのか分からなかったけど)

11月某日(書いたまま、公開し忘れてました!失敬!笑)、

富山県入善町の最高峰「負釣山(おいつるしやま/おいつりやま)」へ。

標高は959mと1000m未満だが、
急な細い尾根が続く、スリリングなお山。

いざ、参る!


総括
  • ひたすら細尾根を登る
  • 落ち葉のふかふかトレイル
  • 木の根っこで転ばないように
  • サクッとトレーニングには良いかも

コース詳細・行動時間等はYAMAPで。

登山口にある駐車場に到着。
すでに10台弱、車が停まっている。

富山の百山

富山の百山だそうな。

立派な案内板

どうやら今回のルートは
展望コースというそうです。

スタート!

正式?な登山口は少し先です。

登山口

熊!?
気をつけよう。

熊鈴は必携装備です。

一合目

階段になった登山道を登り切ると
そこが一合目。

走りやすい
横を見ると綺麗な景色が!

綺麗な景色=頂上からの景色、ではない。

登山は進行方向ばかり見てはいけない、ですね!

(※脇見での滑落には注意)

二合目

木のトンネル

美しい木のトンネル。
これが里山の魅力か。

紅葉の見頃は、もう少し先か?

三合目

ひたすら登る、登る。

落ち葉でふかふか

秋の落ち葉トレイル。

ちょっと駆け出した。
すぐに疲れて、歩き出した。

四合目
五合目

まぁ、割と良いペース。

六合目

落ち葉に隠れた木の根には注意。

細尾根

ロープがある箇所も。

七合目

ここは広めのスペースが。

登りで疲れたら、ここで一休みしよう。

八合目

あと500m!
山頂はすぐそこ!

木の「8」のマーク

八合目の木には「8」のマーク。

九合目

だいぶ傾いている、九合目。

ラストの登り。

負釣山頂

山頂には八角形方位盤がある。
とても立派です。

富山平野、そして海。

富山平野の反対には山がそびえる

ここから南峰まで往復で約1時間。
今回はやめておく。

また時間があるときに。

細尾根をひたすら登ったので
下山は慎重に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました