【LA SPORTIVA】TRANGO TECH GTXは買わないと決めた

Gear
TRANGO TECH GTX

新しい登山靴が欲しいって話の続き。

で、実際に登山道具ショップに行って
実物確かめて、いろいろお話し聞いてきました。

で、結論から言うと

買わない。

「夏山を制覇する軽量マウンテンブーツ」と言う
謳い文句の通り、確かに軽量でした。

履き心地もよく、
足形もバッチリ合ってました。

問題はここ。

気になるのは
セミワンタッチアイゼン用のコバが
ついていますが、どうなのか?が心配ですね。

https://the-drop-in.com/lasportiva-trangotech/

自分の感想は、

この靴にアイゼンつける人いるの?

です。

軽量は良いんですけど、
剛性が皆無。

特にソールの剛性。

めっちゃ曲がる。

柔らかいのがメリットになることはあると思いますが、
ことアイゼンという点からすれば

デメリットでしかないでしょう。

次のアドバイスは、
店員さんからのもの。

「もし、この靴でアイゼンを装着するなら
アイゼンのベースプレートが変形するものしか
合わないでしょう。」

とのこと。

例えば、

https://www.alteria.co.jp/sport/イルビス-ハイブリッド/

とか、

グリベル・G10クランポン
(フレックスメタルプレート採用モデル)とか。

要は、靴のソールが曲がる際に
アイゼン側もそれに合わせて曲がってくれるようなら
なんとか使えるだろう、というわけ。

なんとか、ですよ。
ソールが硬い靴でないと
そもそもアイゼンは合わないと念を押されました。

ごもっともです。

「アイゼンのベースプレートが曲がらないのに
ソールが曲がってしまった結果、
つま先からアイゼンが外れるといったケースが
用意に想像できる。」

ともおっしゃってました。


ここまで酷評してしまいましたが、

これは

セミワンタッチアイゼン用のコバが付いている
=アイゼンの使用も想定した靴

という大前提があっての話です。

コバがあったら、
アイゼンOKみたいに思えちゃうじゃないですか。

アイゼンが合わないシューズに
コバつける意味ないですし。

なので

コバがないものとしてみると
軽量で良いシューズかもしれません。

ただ、夏山専用の軽量シューズとなると
もっと良い靴もあるだろうとも思います。


さて、では
新しい靴はどうするんだ?
となるわけですが、

候補はこちら。

TRANGO TOWER GTX® | 製品情報(マウンテン)|LA SPORTIVA スポルティバ - クライミングシューズ・登山靴・トレイルランニング
「TRANGO TOWER GTX®」の製品情報についてご紹介するページです。

まだ買ってないですけどね(笑)

いろいろ試着させてもらったけど、
やはりスポルティバがしっくりきます。


店員さんのおすすめはこちらでした。

| ロストアローオンラインストア
のページです。登山用品・クライミング用品・スキー用品を販売するロストアローの公式通販サイトです。弊社はブラックダイヤモンド、オスプレー、スカルパ、スマートウール、シートゥサミットの正規輸入代理店です。

自分の足には
なんか合わないといった感じ。

いや、
スポルティバのがなんか良いって感じ。
悪い訳ではない。

最近のスカルパは調子が良いそうで
「スポルティバ一強の時代は終わった
だそうです(笑)

スカルパ(SCARPA) リベレ OD (シューズ 登山靴) SC23230

コメント

タイトルとURLをコピーしました