LA SPORTIVA | TRANGO TECH GTX – 気になる軽量ブーツ

TRANGO TECH GTX

新しい登山靴が欲しい。

drop in

軽くて、3シーズン使えるブーツが欲しいなぁ

実際に登山道具ショップに行って
実物確かめて、いろいろお話し聞いてきました。

Table of contents

TRANGO TECH GTX – トランゴ テック GTX

スポルティバから発売された、超軽量ブーツです。

トレイルランニングシューズで山に行くのは少し心配。
でも、ごっつい登山靴で行くのも疲れそう… という方におすすめな一足。

軽さ、フィット感、グリップ性能など高い次元で兼ね備え、ファーストマウンテンブーツとしてお勧め。フレキシビリティに優れ、抜群の歩きやすさは長時間の使用でも快適。 また、テクニカルなルートで軽快な足さばきを発揮するという違った一面も持っている。

https://www.sportivajapan.com/product-mountain/trangotechgtx/

“超” 軽量

「ファーストマウンテンブーツと言う謳い文句の通り、確かに軽量でした。

履き心地もよく、足形もバッチリ合ってました。
スポルティバは少し細身な作りをしています。

セミワンタッチアイゼンが使えるか?

気になるのは… 次のポイント。

セミワンタッチアイゼンが使えるか?

登山ショップの方にあれこれ質問してみました!

重量と剛性はギブ&テイクであるため、
当然と言えば当然ですが、ブーツの剛性が低いです。

肝心のソールの剛性も低く、めっちゃ曲がります。
店員さんが実演してくれましたが、本当によく曲がるほど柔らかいソールでした。

柔らかいのがメリットになることはあると思いますが、
アイゼンを装着する場合には、デメリットのほうが大きいです。

次のアドバイスは、店員さんからのもの。

「もし、この靴でアイゼンを装着するなら
アイゼンのベースプレートが変形するものしか合わないですね。」

とのこと。

TRANGO TECH GTX に合うアイゼン

  • PETZL | レオパード LLF
  • PETZL | イルビス ハイブリッド

TRANGO TECH GTX に合わないアイゼン

  • PETZL | バサック
  • PETZL | イルビス
  • GRIVEL | G12 ニューマチック
  • Black Diamond | セラック クリップ

雑にいうと、一般的なアイゼン・クランポンには合いません。

靴のソールが曲がる際に、
アイゼン側もそれに合わせて曲がってくれるようなら
なんとか使えるだろう、ということです。

なんとか、ですよ。
ソールが硬い靴でないとそもそもアイゼンは合わないと念を押されました。

「アイゼンのベースプレートが曲がらないのにソールが曲がってしまった結果、
つま先からアイゼンが外れるといったケースが用意に想像できる。」

ともおっしゃってました。

アイゼン使わないならOKじゃん

おっしゃる通りです。

踵にコバがあるだけなので、夏山で軽快に登りたいんだという目的にはマッチすると思います!

(他のブーツの選択肢もまだまだありそうですが…)

まとめ

セミワンタッチアイゼンが装着可能な3シーズン用のブーツを探しているので、
TRANGO TECH GTX はなしかなという結論に落ち着きました。

踵にコバがある意味があまりないように思えました、あくまで個人の意見です。

【余談】PETZL | イルビス ハイブッド も気になる

バックカントリーで使いたいので、TRANGO TECH GTXに合うアイゼンにもある
PETZL | イルビス ハイブリッド がめちゃくちゃ気になってます。

スキーブーツとの相性は良さそうですし、
何より軽いのが嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Table of contents
閉じる