BLUE ICE | ハーファング クランポン – ファーストインプレッション

BLUE ICE ハーファング クランポン

バックカントリーで使いたい、とにかく軽いクランポンが欲しいなら!

BLUE ICE から、とても魅力的な商品が出ていたので買ってしまいました…

フィールドで未使用のため、ファーストインプレッションとして紹介します!

Table of contents

BLUE ICE | ハーファン グクランポン

注目の軽量クランポン「HARFANG(ハーファング)

ハーファング クランポン パッケージ

10本爪で、つま先側にクロモリ製の4本+アルミ製の2本、かかと側にアルミ製の4本あります。
爪のパーツが3つに分かれており、紐ではなくダイニーマ製のベルトで繋げたユニークな構造です。

本国サイトの製品ページはこちらから

BLUE ICE – ブルーアイス から発売

BLUE ICE は、フランスの登山道具メーカーで、日本でも徐々に知名度が上がっているブランドです。

洗練されたデザインだなという印象があります。

余談ですが、ハミングバードという超軽量アイスアックスは手に取ると感動します。
ちょっと高くて手が出ないんですよね〜笑

軽量

アンチスノー込みの重量がペアで419gと、とても軽いです。

また、ダイニーマ製のベルトは水分を含まないので、使用中も重くなりません。

ハーファング クランポン 本体

バックカントリーシーンでは、滑走中はアイゼンをザックに仕舞うことになるので
少しでも重量を減らしたいものです。

この軽さは大きなアドバンテージになります!

使用用途

バックカントリスキー軽量化をはかりたい雪山登山での使用が主であると言えます。

まず、前コバがないブーツには装着できません。
そのため、冬山用の登山靴もしくはスキーブーツで装着可能です。

また、ベースプレートが布であるため、ブーツのソールに剛性がない場合は使用できません。

日本の代理店であるケンコー社のページにも以下の記載があります。

※本製品は、前後にコバが付いている堅底の冬季用靴向け10本爪アイゼンです。柔らかい底の靴には使用しないでください。

https://kenkosya.com/products/detail/678

通常の雪山登山では?

堅底の冬季用靴であれば問題なく装着できますが、
歩きの登山でアイゼンと使うことが前提であれば、12本爪アイゼンが無難だと思います。

セッティング方法

動画でセッティング方法が紹介されています。

調整方法

TECNICA COCHISE 130 – スキーブーツ

TECNICA COCHISE 130 に装着してみました。
ソール長は305㎜です。

ウォークモード切替レバーに干渉することもありませんでした。

スポルティバ ネパール エボ GTX

冬山登山靴のド定番「ネパール エボ GTX」に装着してみました。
サイズはEU 43です。

スカルパ モンブラン GTX(レディース・旧モデル)

こちらも冬山登山靴の定番「モンブラン GTX(レディース)」に装着してみました。
サイズはEU 39です。

PETZL | レオパード/イルビス ハイブリッド との比較

対抗馬として、ペツルのクランポンが上がると思います。
実際、めちゃくちゃ迷いました。

重量で言えば3番目ですが、
アンチスノー付き、かつクロモリ製であることを考慮すると最軽量ですね。

イルビス ハイブリッドの購入を検討していたので、
ハーファングは買いだ!となってしまいました。

スクロールできます
メーカー製品名重量(g)備考
BLUE ICEハーファング419前:クロモリ 後:アルミ
PETZLレオパード FL384アルミのみ
アンチスノーなし(オプション取付可)
PETZLレオパード LLF320アルミのみ
アンチスノーなし(オプション取付可)
PETZLイルビス ハイブリッド540(フィル)
570(フィル フレックス)
前:クロモリ 後:アルミ
比較表

PETZL | レオパード FL

PETZL | レオパード LLF

PETZL | イルビス ハイブリッド

新モデルもある!?

本国のサイトをのぞいてみると、COMING SOONの文字が!

ハーファング・ツアー・エンデューロ

HARFANG TOUR

すべての爪がアルミ製で、さらに軽量化したモデル。

また、パーツ交換することで
前コバがないセミワンタッチアイゼン対応のブーツにも装着可能になるようです。

HARFANG ENDURO

すべての爪がクロモリ製で、耐久性を向上したモデル。

また、パーツ交換することで
前コバがないセミワンタッチアイゼン対応のブーツにも装着可能になるようです。

まとめ

軽量クランポンをお探しなら、購入の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

フィールドで使用して、レビュー記事を書きたいと思います!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Table of contents
閉じる